Top
ポートレート

私、人を撮るっていう事には、あまり興味が無かったんです。

ただ、娘たちがお年頃なので、キレイに撮ってあげれるようになりたいなーとは思ってました。

以前、spitzの皆さんを撮りたいなどとほざいておりましたが(笑)
気持ち的には本気です(爆)

これは愛情の問題なのかなあーなんて思っています。

写真教室に行った時、先生の作品の中に、ポートレートが結構あって、
海外のCafeの店員さんだったりするんですけど、
とてもいい表情で撮れていて、すごく伝わるものがあるんですよね。

ギャラリーにも、生徒さんたちの作品がいっぱい飾ってあったんですけど、
‘人’を撮ったものがたくさんあって、‘人物を撮る’って、良いな~と思うようになりました。

が・・・・ 誰を撮る???ってハナシです。

よっぽどきっかけがないと、娘たちを撮る事すらできません。
ちっちゃい時みたいに、部屋の中で急にレンズを向けられても、
ニッコリなんてしてくれません。

こんな格好してるとこ撮らないでよーーーー!って事ですよ。
ま、そりゃそーだ・・・

今の時代、街中で見知らぬ人を許可無く撮ったりもできませんし・・・
公園で、よそのお子様を勝手に撮る訳にもいかず・・・

そんな訳で、昨日の日記にUPしたように、
お友達のライブで、写真を撮らせてもらえたのは、本当に楽しかったです。
(ちなみに、三脚持っていきました)

だけど、やっぱり、誰でもいい訳じゃないなーと思いました。
しんちゃんと、しんちゃんのバンドを応援してるので、
なんとかいい写真を撮ってあげたいという気持ちがあるから、
夢中になるし、楽しかったんだと思います。

次の楽しみは・・・
ちょっと先になるけど、お友達の結婚式に招待されたんです。
もちろん若くて、すっごくすごーく可愛い女の子です。

花嫁さんを撮れるなんて、嬉しい~~♪
(もはや写真を撮る事しか頭にない・・・)



**********************************

今、これ読んでます。





12月4日発売だったんですけど、予約して当日受け取りに行ってきました。

インタビュー記事などをたくさん読んできたけど、
知らなかったちょっとしたエピソードなどに、いちいち、
そうだったんだ~と反応しています(笑)

みんな買ってね~♪
[PR]
Top▲ | by Riche-et-Libre | 2007-12-06 23:59 | 日々の出来事
<< ちょっぴりクリスマス気分 | ページトップ | RED RIDING HOOD... >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin